一番気になる!?スポーツの賞金っていくらくらいなの??どれが一番高いの!?

英国のEU離脱が決まり、世界経済が大騒ぎとなっている昨今ですが、先立つもの…お金は本当に大切ですね。今回の騒動で動いたお金がいったいいくらくらいになるのかと思うと背筋がぞっとしてしまいます。

さて、今をときめくスポーツ選手の方々の生活やプライベートが時々明らかにされますが、リッチな選手、はたまた以外にも庶民的な選手、いろいろな生活模様が明らかになります。

スポーツ選手には、スポンサーの存在が必ずと言っていいほどあります。スポンサーから広告料をもらうことによって生計を立てているというケースが一番スタンダードですが、果たしてスポンサーを持たず、純粋にスポーツの大会に出場した際の賞金だけで生活をしていくことは可能なのでしょうか?

その場合は、どのスポーツをすべきなのでしょうか?今回は特に賞金の高いスポーツを、ご紹介します。

イメージ通り、高額なゴルフ

これはイメージ通りかもしれませんが、ゴルフの大会の優勝賞金はとても高額です。 その中でも最も高額なのは、フェデックスカップという国際大会で、なんと1000万ドル(8億1000万円)もの賞金が授与されます。もはや一度優勝してしまえば、食べるのに困らないほどの賞金ですが、ゴルフは元々費用のかかるスポーツな上に、プロにまでのぼりつめようとした場合は数千万〜レベルでの投資は当たり前の世界ですので、もともとリッチな人が多い可能性が高いですね(笑)お金は寂しがりやとはこのことでしょうか…。また、個人競技であることもポイントですね。

これぞアメリカンドリーム、アメフト

そして次に賞金が高額なのは、アメリカンフットボールです。まさにアメリカンドリームというべきでしょうか、その賞金の高さは競技の人気と、アメリカ国民の注目度からでしょう。世界一有名なアメリカンフットボールの大会、スーパーボウルでは850万ドル(6億8800万円)もの優勝賞金です。プレイメンバーの数を考慮しても、かなりの高額ですね。

意外や意外、ポーカー

ポーカー

これをスポーツの大会に分類するか否かは意見が分かれるかもしれませんが、頭脳のスポーツ、ポーカー。日本ではあまり知名度がありませんが、アメリカを中心に海外ではポーカーの大会が盛んに行われています。そんなポーカーの世界大会、ワールドシリーズポーカーの優勝賞金はなんと890万ドル(7億2000万円)。かなり高額ですね。しかし高額な優勝賞金だけあってその参加費もかなり高額なもので、なんと約100万円。是が非でも優勝をかけたプレイが繰り広げられそうです。この極限の精神状態でポーカーフェイスを保つのは、かなりの精神力がいりそうですね。

そしてやっぱり、サッカー

サッカー優勝賞金

そしてみなさん、やはり今回のトップはご存知サッカーです。やはり世界一競技人口の多いスポーツですから、その賞金も高額なものになりますよね。欧州サッカー連盟が主催しているUEFAチャンピオンリーグでは、なんと4340万ドル(35億1500万円)と桁違いの金額です。一攫千金を夢見るサッカー選手がいるのだとしたら、夢のような金額ですね。
この大会だけに留まらず、同じ欧州サッカー連盟が主催している欧州大会なども3300万ドル(26億7300万円)と劣らず超高額です。サッカーは世界経済への影響も大きなスポーツですから、この金額も納得かもしれません。

やはり、競技人口の多いスポーツほど優勝賞金が跳ね上がる結果となりましたが、競技人口が多いということはそれだけ選手になるのも狭き門ということになります。スポーツの神様に選ばれ、さらに努力を重ねたものだけが勝ち取れる成功と富、というわけですね。しかし、この優勝賞金を獲得したからといってすべてが選手のものになるわけではありません。スポーツには維持費や遠征費、コーチへの報酬がつきものですから、いくら高額とはいえ、出て行くお金も多いのです。
スポーツ選手がどんどん自己投資し、実力をつけてくれればくれるほど、競技自体の深みが増しそのスポーツは盛んになる傾向にあります。
高額な賞金も、そのスポーツの発展への足がかりなのかもしれませんね。