スポーツで左利きはやっぱり有利?サウスポーの秘密!!

皆様、ご機嫌いかがですか?
突然ですが皆さんは利き手はどちらでしょうか?
私は右利きなのですがだからこそ時々左利きの方に会うと物珍しさからか色々と聞いてしまうのが左利きで良かったこと、よくなかったことですよね。
左利きの方当事者にとってはきっと何度も聞かれたことかと思い、後からやってしまったと後悔するのですが…(笑)実際のところはどうなのでしょうか?

おそらく右利き人たちからの印象では天才肌がおおい、考え方が個性的そしてスポーツで有利というイメージがあるかと思います。

さて、左利きの
このスポーツが有利という説は本当なのでしょうか?そしてそれはなぜなのでしょうか?
こんかいはそんなサウスポーについての謎について迫ってみました。

左利きの割合は全人口の約10パーセント

世界中の人々の約10%が左利きだと言われています。考古学的なデータに基づいて調べてみるとなんと50万年前からこの比率は存在さしていたようで、ある程度生まれつきの脳の素質や、遺伝的な要素などが関係していると言われていますが、左利きの発生のルーツには現在も謎がたくさん残されています。なので、意図的に左利きの人間になることは非常に難しく、その逆もかつては左利き矯正がよくおこなわれていましたが、脳がもともと左利きに備わっているものを無理矢理に矯正するので吃音などの副症状が出てしまうことが医学的に証明されており、現在は矯正しない人も増えています。また、ユニバーサルデザインと呼ばれる左利きの方でも右利きと同じように使うことができる道具類なども増えてきています。

なぜスポーツで左利きが有利と言われているの?

さてそんな左利きの方々ですが、なぜスポーツで有利だと言われているのでしょうか?そのわけは左利きのめずらしさにあります。特に対人系スポーツでは、普段の練習相手が右利きであった場合、左利きの選手と対戦をした場合に左利きの人間の動きに慣れていないため、非常に動きの予想などが困難になります。対して左利きの方は普段から右利きの選手を相手にしていることが多いので、いつもと同じような感じで対戦ができる場合がほとんどです。そしてもし左利きの選手が相手であった場合でも、自分自身が左利きのため右利きの選手が予想するよりも動きの予想が比較的容易です。そのため、左利きの選手はスポーツにおいて、特に対人系は有利なのです。

左利きがとくに有利なスポーツ

さて、左利きが特に有利なスポーツにはどのようなものがあるのでしょうか?

  • 野球
  • baseball
    なんと野球界のトップ打者の約半数が左利きと言われています。また、ピッチャーも右利きの選手が投げた時より、バッターは打ち慣れていない左利きの選手の球は体感で10キロほど速く感じると言われており、非常に野球界においてサウスポーは手強い存在です。高校野球で注目を浴びた菊池雄星選手もサウスポーです。

  • ボクシング
  • 基本的に一対一の対人対戦の競技において左利きは非常に有利なのですが、その中でもボクシングは特に顕著に左利きの選手が有利になるスポーツです。それはなぜかというとボクシングは相手の動きを予測するスポーツだからです。相手の動きを予測するには、右利きの選手にとっては左利きの選手の動きは予測しにくいものです。しかしこのことから近頃は非常に左利きの選手が増えているため、左利き同士の対戦であるとそのアドバンテージはありません。

  • テニス
  • テニスにおいても左利きの選手は驚異的な存在です。テニスの打ち方にはフォアハンドバックハンドがあり、フォアハンドは利き手で素直に打つ打球、バックハンドは両手打ちです。多くの選手はフォアハンドのほうが気持ちよく打てるのですが、左利きの選手が打ってくる打球はすべてバックハンド側に来てしまうため、非常に打球が返しづらいのです。また、ボールの回転もすべてぎゃくなため、左利きの選手に回転をかけられると対処がとっさにできません。左利きのシングルスプレイヤーは多くのテニスプレイヤーにとって怖い存在です。

左利きが不利になってしまうスポーツも

golf southpaw
このように、左利きが有利なスポーツはたくさんあるのですが、うってかわって左利きが不利なスポーツも存在します。それはゴルフです。なぜならゴルフのコースの多くは右利きに打ちやすいように作られており、右利きの選手から見て全て反転させたコースでプレイするようなプレイのしづらさがあります。また、ゴルフはクラブの選択もプレーにおいてとても重要なのですが、左利き用のクラブは右利き用のクラブよりも販売数が少なく、選択肢が狭まってしまうのも不利なポイントです。全人口の10パーセントが左利きの中、ゴルフプレーヤーの左利き率は4パーセントほどと、約半数以下しか存在しません。対人性ではない個人的なスポーツでは、時に左利きは不利になってしまうのです。

アスリートとしてはサウスポーは“得”

さて左利きの方が有利なスポーツ、不利なスポーツがある事はご理解いただけましたでしょうか?
果たしてアスリートしてサウスポーは得なのでしょうか、それとも、損なのでしょうか…?答えはスポーツにもよりますが、おおむね得だと思って良いと思います。ゴルフなど一部のスポーツを除いて左利きは有利な場合がとても多いのです。アスリートを目指す子供が左利きであった場合は、矯正はしないほうがよいでしょう。現実社会ではなにかとカッコいい、珍しいと言われども不便なことも多い左利きですが、スポーツ界ではまぎれもない才能です。未来のスポーツ界を牽引するサウスポーのみなさん、ぜひ世界へ羽ばたいてください。もちろん右利きの人も、両利きの人も、がんばってゆきましょう!!