メジャーリーグには引き分けがない!?驚きの日本の野球とメジャーリーグの違い

皆さんそろそろ暖かくなってまいりましたね。
こんなふうに湿った暖かい空気に包まれているとやはり思い出すなら夏の高校野球のことです。
そして高校野球ではやはりプロ野球よりも点数が入りやすい部分があるのでよく延長戦へともつれ込んでいることが多いですよね。
実はこのスタイル、日本のプロ野球よりメジャーリーグにとても近いスタイルなのです。

日本のプロ野球には引き分けがありますが、メジャーリーグには引き分けがありません。
実は、日本の野球のメジャーリーグでもルールに様々な違いがあるのです。
今回はこの野球のメジャーリーグの違いについて迫ってみましょう。

ストライクゾーンの違い

ストライクゾーン
メジャーリーグとプロ野球での一番大きな違いはストライクゾーンであると言えるでしょう。
プロ野球とメジャーリーグのストライクゾーンにはかなりの違いがあります。規則では「打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部の中間点に引いた水平のラインを上限とし、膝頭の下部のラインを下限とする本塁上の空間をストライクゾーン」となっています。
しかしメジャーリーグではこれが全て適用されません。高めのボールはほとんどストライクとならず低めはなりやすくなります。また内角にもほとんどストライクとはならず、外角は比較的ストライクになりやすくなります。審判によっても判定がばらつきます。

審判への対応の違い

judgment
日本のプロ野球では監督がよく審判に抗議している様子が見られますが、メジャーリーグではこの行為はご法度となっています。しかしメジャーリーグの審判にはクエステックシステムというストライク判定機で審判の精度が計られており、より正確なジャッジとなるように審判も厳しく審査されています。その基準はとてもシビアで、判定機と90パーセントジャッジが一致しない場合はペナルティとなるほどです。

延長制度の違い

メジャーリーグには、日本プロ野球のように延長12回の制限がなく引き分けがありません。決着がつくまで試合は行われます。
日本に来た外国人には、この引き分けがあるというルールが奇異に映るようで、なぜ勝負が決まるまで続けないのか理解に苦しむ選手もいるようです。
ただし、アメリカン・リーグでは午前1時を過ぎたら新しいイニングに入ってはいけないことになっており、サスペンデッドゲームとして翌日以降に試合の途中から再開します。
ちなみに、日本の高校野球は延長15回を終えて同点なら基本的に後日再試合となります。

応援ルールの違い

日本のプロ野球の風物詩でもある、メガホンや棒を持って音を立てる応援や、楽器や旗を使ったりする応援はメジャーリーグでは禁止されています。メジャーリーグの実況中継を見てもわかるかもしれませんが、応援する際には声援と拍手のみが許可されているのです。また、安全のため球場へバッグの持ち込みも禁止されていますので、応援の際はご注意を。

このように、プロ野球とメジャーリーグではとても大きな違いがあります。
もし本場アメリカでメジャーリーグをご覧になられることがありましたら…!!
この上記の違いをふまえて熱狂し、長く続く試合を拍手と声援をもって楽しんでくださいね!!