スポーツ前には何を食べて何を飲むのがベスト?アクティブなグルメ特集

みなさん、ようやく梅雨が明け夏本番。
沢山汗を流せるスポーツの季節がやってまいりました。
スポーツをやることには沢山のメリットがあります。
リフレッシュ効果から、ダイエット効果、健康へのメリットが沢山ありますよね。
せっかくスポーツをするのですから、このメリットをもっともっとパワーアップさせたいですよね。
それが毎日の食事とることができたらとても素敵だと思いませんか?
今回はスポーツをする際に食べた方が良い食材をご紹介いたします。

スポーツの前にはバナナを

バナナ
まず前提として、空腹での運動はNGです。たとえダイエットをする目的でスポーツをする場合でも、何も食べずに体動かしてしまうと、本来脂肪燃焼するために働く体の期間もうまく活動しなくなってしまうからです。必ず何かお腹に入れた上でのスポーツをすることを心がけましょう。そんな時にとても効率的なのがバナナです。バナナには炭水化物をすぐにエネルギーに変えてくれる効果と、カリウムが豊富なため筋肉を保持してくれる効果があります。スポーツをする前には軽くパンやおにぎりなどの炭水化物と一緒にバナナをとることをお勧めします。

飲み物は冷たいものより暖かいものを

ホットドリンク
ついついスポーツをする前後には冷たい飲み物が欲しくなってしまうかもしれませんが、スポーツをする前の体に冷たい飲み物を入れてしまうと、いちど体が冷えてしまい、もう一度もとの体温に戻そうとする際に余計なエネルギーを使ってしまい非常にスポーツをしたときに体が疲れやすくなってしまいます。そしてスポーツ後にもキンキンに冷えた飲み物は胃腸を驚かせてしまい、また体が非常に暖まった状態ですので、自律神経にも良くありません。そのためスポーツの前後は飲み物は冷たいものより暖かいものをとるようにしましょう。
おすすめなのがコーヒーです。コーヒーに含まれるカフェインには体を疲れにくくする効果と、脂肪燃焼効果があります。巷でよく売られているスポーツ系ダイエット飲料にもよくカフェインはたくさん含まれていますのでぜひ見てみてください。

豆類は天然のプロテイン

豆類
畑の肉ことも言われる豆類ですが、豆類には肉よりも豊富な食物繊維が含まれています。またカロリーも低く非常にダイエット向きの食品と言えるでしょう。もしスポーツの目的がダイエットである場合は、豆類は理想のプロポーション作りに大いなる助けをしてくれるはずです。特に日本人にはあまりなじみはありませんがひよこ豆の栄養価は絶大です。なんと4分の1カップのひよこ豆を食べた場合、10gのプロテインと30gの炭水化物と9gの食物繊維を摂取したこととほとんど同等の栄養分になるのです。

スポーツのあとには豚肉がおすすめ

豚肉
そしてスポーツをした日の夕飯には豚肉がオススメです。豚肉には牛肉の約8倍のビタミンB1が含まれており筋肉にたまった慢性的な疲労を回復してくれる効果があります。また、糖分をエネルギーに変えてくれる効果もあるので、運動しお腹がすいて食べ過ぎてしまった場合や、スポーツ後にビールを飲みすぎてしまった場合などにも、とても有効な食材と言えるでしょう。また非常にいろいろな調理方法があり、飽きずに続けて食べられることもお勧めする理由です。
そして肉類の中でも目的別にもう一つお勧めなのが鶏のささみです。これはダイエット目的とともに筋肉を鍛えたい方にもおすすめの食材です。肉類の中でもトップクラスの低カロリー高タンパク食材で、減量中のボクサーなどが進んで食べている肉類でもあります。純粋に体脂肪率を下げ筋肉をつけたい場合などには鶏のささみがオススメです。

体の外からも中からも効果的なトレーニングを

レクリエーションやストレス解消にもひと役買ってくれるスポーツですが、皆さんは何かしらスポーツをする際には、なにか健康や美容にプラス要素があったらいいなと思うのではないのでしょうか?そんな時にいつものスポーツにプラス要素を求めるために、何かトレーニングやプレーにきつい要素を足すと言うのはとてもしんどいことですよね。
そんな時に皆さんを助けてくれるのが日々の食事ではないでしょうか?私たちの体はおよそ100日で体を構成するすべての細胞が入れ替わっていると言われています。つまり私たちの体は常に過去100日の私たちが食べたもので構成されていくと言うことです。そう思うと思った以上に何を食べるかという事はとても重要なことになってくるのかもしれません。ぜひみなさんもスポーツの際は体を動かすこととともに食べることにも着目してみてくださいね。